通販で買える医薬品と買えない医薬品の違い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昔は楽天やAmazonといった通販サイトでは医薬品を購入することができませんでしたが、
最近では法律が変わったからか、医薬品もネット通販で買えるようになっていますね。
ただ、どんな医薬品でもネット通販で購入できるわけではありません。
そこで気になるのはどんな医薬品ならネット通販で購入できて、どんな医薬品は
ネット通販で購入できないのか?といった違いですね。
通販で購入したい医薬品はそれぞれ人によって違うと思いますが、この違いを知っていれば
何がOKで何がダメなのかを簡単に判断できるようになると思います。
ネット通販ができる医薬品とそうでない医薬品の違いは「一般医薬品」と「医療用医薬品」の違いです。
一般医薬品とはこれまで薬局で購入できていた医薬品です。
薬剤師がいれば薬局で販売できていた医薬品が通販で購入可能になっています。
ただ通販可能ではありますが、第一類医薬品のように取扱いが難しい医薬品は通販サイトによっては
取扱いをしていないケースもあるので注意が必要です。
医療用医薬品というのは、医師による処方箋がなければ購入できない医薬品が該当します。
なので単純に言えば、薬局で販売されている医薬品は通販で購入できてそうでない医薬品は
通販では購入できないと思っておくといいでしょう。
処方箋が必要な医療用医薬品を通販で購入するためには個人輸入代行という手段もあります。

関連記事>>トリキュラー21は楽天やAmazonの通販で買える?