そうめんについて考える

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「そうめんには隠れファンが多い」ということを私は改めてここで強調したいものです。
お歳暮シーズンにも関わらず、お中元のことを考えていてのことなのですけれどね。
ふと、「そういえば、そうめんって贈られたらイヤな気持ちはしないなー」ということを思ったのです。
というかあの「○○の糸」のそうめん以外は、正直あまり美味しくないと感じています。
そしてお中元では、なんとかの糸のそうめんがずらりとラインナップされているのですよね。
うちの近所のスーパーのお中元のラインナップのなかにも、なんとかの糸のそうめんは必ずといっていいほどに含まれていますからね。
まあそれだけ人気があるということでしょう。
というかベタだとか地味だとか言われようとも、やっぱりそうめんならばアレなんですよ。
「○○の糸」のそうめんって、おいしいですよ。
オーソドックスだろうがなんだろうが、無難に「○○の糸」のそうめんにしておいて正解だと思いますよ。
私も若い頃は変化球を好んで、贈り物をひねりたくなったものです。
しかし、中年になってからは「定番」の重要さに気がつきましたね。
定番って外さなくって良いんですよ。
歯を白くしたい 自宅