お口直しにお茶氷

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ご飯の後にお口の中をさっぱりさせたい、でもただの氷じゃ味気ない。
アイスはカロリーがちょっと気になるし...。
そんな人にはお茶氷を作ることをおすすめします。
方法は簡単、製氷皿にお茶を注いで冷凍庫で凍らせるだけです。
この時にお茶の種類はなんでもいいのですが、自分で茶葉から淹れたものよりもペットボトル飲料をおすすめします。
自分で淹れたお茶だと薄くなったり濃くなったり、凍らせている途中で成分が分離してしまうのか層になってしまう場合がありますが、ペットボトルのものなら味が一定のままで凍ってくれるからです。
個人的な王道は麦茶を凍らせた麦茶氷だと思います。
でも案外ほうじ茶氷もすごくさわやかな味がして美味しいんですよ。
そば茶氷や玄米茶氷もなかなか捨てがたかったですね。
凍らせてもちゃんとお茶の香りも残っていますから、味気ないなんてことはありません。
他にもお茶を氷にすると本体の飲み物を飲むときに薄くならないという利点があります。
ちょっと趣旨はずれますけど、製氷皿を使ってジュースを凍らせてかき氷にするというのもいいです。
それで、その時の製氷皿はできるだけ蓋が付いているものがいいと思います。
重ねておけばスペースの節約になりますしね。
お茶氷を作って、ぽいっと一粒口に入れてみると、すっかりはまってしまうと思いますよ。
カロリーも少ないので、ダイエットをしている人にもおすすめです。
ブランド 買取り 静岡